トップ  アトピー性皮膚炎
         改善入浴液
お風呂の入り方 ヨモギ・トウキ・ジオウ 薬草入手
アトピー掲示板 年令による変化 トータルケア カユミ対策 保湿対策
軟膏の塗り方 ステロイド 生活アドバイス 紫外線対策 管理者



アトピー性皮膚炎改善入浴液

吉田京子が長年の看護師経験より考えたアトピー性皮膚炎改善入浴液を
ここで紹介させていただきます。

いろいろなアトピー改善法がありますがお風呂に入りながらアトピーを改善していく
方法は、もっともみなさんが取り入れやすく、 経済的で長続きする方法と思います。



◆漢方薬によるアトピー性皮膚炎改善入浴液の作り方

特願平6-99065  

  1. 土鍋・土瓶・ホーロー鍋等非鉄製鍋に水約1.5リットル入れる。 
  2. 薬草:ヨモギ5g・トウキ(当帰)5g・ジオウ(地黄)5gを煎じ袋に入れ鍋へ。 
  3. 最初強火で煎じ沸騰させ沸騰後すぐとろ火にし約30分煎じる。 
  4. 煎じ終わればすぐ煎じ袋を引き上げ、煎じた液は入浴液として 風呂(180〜200Lの湯量)へ入れる。 
  5. 必ず水より煎じる。 


入浴方法

入浴時に毎回本入浴液を入れて使用する   

  1. 入浴時間は最低5分以上とする。 
  2. 体を洗う前5分間肩までよくつかる。 
  3. 石鹸を使用しよく洗う。 
  4. 体を洗ったあと5分間以上肩までよくつかる。 
  5. 頭皮や顔にも入浴液をつける。 
  6. なるべく長く入浴する。 

入浴効果

  • アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患 
  • 老人性ソウヨウ症 
  • ひび・しもやけ・荒れ 
  • 水虫 
  • 冷え症 
  • 痔 
  • 血液循環不全 
  • フケ・カユミ 
  • 疲労 
  • リウマチ 
  • 腰痛 
                 
                 
症状により入浴後保湿剤を塗ることが必要となる場合があります。
症状が落ち着いてきましたら入浴液だけのご利用で十分です。

効果はカサツキ程度であれば一週間ぐらいであらわれますが出来れ1ヶ月続けて試してください。
家族全員同じ風呂を利用できます。
但し、お子様の場合無理に長時間入浴させないで下さい。
現在使用の軟膏など今まで同様使用できます 。ステロイド、保湿剤等急に止めないようにして下さい。 

入浴によりカユミがひどくなる方はしばらく入浴時間を短くするか、またはかかり湯だけにして
様子を見て下さい。


ヨモギ・トウキ・ジオウの各薬草は漢方薬店でお求めください。
煎じることが大変と思われる方は煎じ器があります。


お問い合わせは管理者ページ